マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本

著者:森岡 寛

出版社: ダイヤモンド社

■内容紹介

【あらすじ】

食品製造メーカー真心絆食品に入社した新人の向井聡は、入社早々、社運を賭けた財務改善プロジェクトの実行担当に選ばれてしまう。
与えられたミッションは、1年で1億円のキャッシュフローを改善すること。もし実現できなければ会社の存続がピンチに。
社内の各部署からは煙たがられ、同期入社であこがれのマドンナからもライバル視されてしまう向井。
果たして、向井はプロジェクトを首尾よく成功させ、会社の危機を救うことができるのか――。

【本書の特徴】

●この本は、大学生や内定者、新入社員や若手ビジネスパーソンをメインターゲットに、とにかく「会社数字のしくみ」について徹底的にわかりやすく、
最後まで読み通せて、かつ基礎知識とエッセンスが理解できるように工夫した全編マンガ仕立てのビジネス書です。

●財務のプロフェッショナルである森岡寛氏とビジネス漫画家の渡邊治四さんの2人がタッグを組んで合作。
会計・財務本にありがちな専門用語やノウハウを列挙した構成ではなく、「会社の数字」にふれたことのない方や苦手な方でも、
自然と読み進められるように、笑いあり、涙あり、恋愛ありの巧みなストーリーに載せて説明します。

●会社数字のしくみについて全く無知の新入社員・向井が、会社の財務改善プロジェクトの一員に任命されたことから物語がスタート。
持ち前の熱意とがんばりで、徐々にまわりの理解や協力を得ていく向井。その過程で財務の基本を学び、
経理部、製造部、営業部の各現場の仕事を学び、会社の問題点をつかみ、対応策を考え、実行していくというストーリー。

●ストーリーとは別に、各章末にワンポイント解説や財務用語解説などを挿入。基本的な知識が復習できる構成です。

●同期入社であこがれのマドンナ伊藤奈々子や財務コンサルタントの協力を得ながら、仕事を学び、成長していく向井。
その姿を通して、組織で働くことの意義や仕事の目的とは何かといった視点もあわせて学べます。

●全編マンガで表現したことで、これまでのビジネス書にはなかったエンタメの面白さと実務書のノウハウが絶妙にブレンドした本が完成。

会社数字について知りたいと思ったときに最初に読む本として、おすすめの1冊です。

購入する