フランス人はバカンスを我慢しない 仕事も人間関係もうまくいく、知的エゴイズムのすすめ

著者:生島 あゆみ

出版社: CCCメディアハウス

■内容紹介

着眼点を変えれば、
物の見方は変わる!

フランス人の数多くの友人や、エリート層との交流から学んだ、セラヴィ人生哲学。
フランス人の生き方(寛容で他人との共存を重んじながらも個人主義・・・言うなれば知的エゴイズム)。
その視点で「仕事」「人間関係」「生活の楽しみ方」を見直すと、ストレス社会に参考になることが沢山!

30代になって、フランスとドイツへ留学した著者が体験を通して得たフィロソフィー「知的エゴイズム」という生き方。
考え方の異なる他人に対する”寛容”を軸に、「自分らしくある仕事の仕方」「自分らしくある人間関係の築き方」そして「自分らしくある生き方」とは?

特に、結婚や子育てを控えている30代~40代の女性、そしてこれまで仕事の現場で活躍してきた女性たちが、いかにストレスから解放され、自分らしく楽しく、毎日を過ごしていくかのヒントを、この1冊は教えてくれます。

購入する