日本の書店は1日500万人が訪れるメディアだ!

出版界唯一の専門紙 新文化

http://www.shinbunka.co.jp/

2017年4月20日号の1面を飾った記事に、

日本の書店の今後に、とても大きな希望を感じた。

それは明屋書店社長 小島俊一による寄稿だった。

注目した部分を引用する。

〜〜〜

明屋書店の1日のレジ通過客数は平均約2万5000人。

来店客はその3倍の約7万5000人と推定できます。

つまり、明屋書店は毎日5万人ものお客様を手ぶらで

お返ししているのです。

明屋書店の全国の書店における販売占有率は約1%ですから、

全国の本屋でみれば毎日500万人、月間で約1億5000万人の

「見込み客」を逃していることになるのです。

このお客様の数こそが出版界最大の「可能性」ではないでしょうか。

〜〜〜

ここ数年は、Amazonをはじめとしたネット書店の

成長ばかりが目立っている。

年間500店舗ものリアル書店が閉店するなど衰退していく

情報が多くなった今だからこそとても大きな希望を感じた。

経営不振に陥っていた明屋書店を2013年から辣腕をふるい

見事に再生させた名経営者である小島俊一氏の言葉だから

すごい説得力がある。

作家プロデュースを本業としているものとして、

すごく励みになった。

師匠の竹田和平さんに教わったことだが、

景気は、自分の氣で創られるものだ。

自分がおかれた環境(ビジネスにおいては市場)がどうあれ、

自分の氣の発し方次第で、自分のまわりの景気は

自分で良い方向に創っていくことができる。

実際、景気に関係なく、どんなに右肩下がりな業種でも、

右肩上がりの会社は存在する。

出版業界も同じく、リアル書店でも、

蔦屋書店や冒頭の明屋書店など、氣をはいた書店は右肩あがりだ。

このTOKICHANNELも、これからの10年を見据えた上で、

作家プロデューサーのわたしなりに氣をはいて創ることができた。

素晴らしい作家たちによる、良質なコンテンツを世界中の

潜在読者に届けられるようにゆっくりコツコツとでも

記事を書いていく。

みなさまのおかげさまです。ありがとうございます!