35年以上、食わず嫌いだった○○が食べれると人生が変わるって?鼎談その5

【橋本】ちなみに、今のような味覚だけでなく、

カラダの痛みなんかも周波数を上げるという観点で

アプローチすると効果てきめんなんです。

肩こりでも、腰痛でも、すぐに緩和してしまうのです。

時嗣さんにプロデュースしていただいた本が、

この10月にこの本が出るのですが、

この本にも肩こりや腰痛を緩和する

ピンク色の使い方について解説していますが、

今では、このピンク色のストールやタオルを使う方法論を

整体師さんたちが施術で使ってくれていて効果を上げています。

普通は、カラダが凝っているから、肩こりだと思うじゃないですか。

じつは、周波数が下がって精神的なストレスとなり、

その結果として、肩こりになっていることが案外多いのです。

なので、よくデモンストレーションで、肩こりの人がいたら、

あえて肩こりの箇所を一切、揉まないで、 周波数を上げて、

ストレスを解放する形で肩こりを緩和するというものを見せるのです。

そうしたほうがよりわかりやすいんです。

他にも以前、時嗣さんの知人の方で高所恐怖症の方がいて、

じゃあ、今すぐ、あなたの高所恐怖症を取っちゃうからねと言って。

ちょうどその場所に30階ぐらいのビルがあって、

そこで下をみてもらってから、周波数を上げて、

だいたい5〜6分ぐらいで、 生まれて30年間ぐらい、

ずっと高所恐怖症だった人の恐怖を消したこともありましたね。

そういう“遊び”をいつもやっています。

特に、見せないと、納得してくれないから。

肩こりだと、カラダのどこどこの部位が悪いからと、

揉まないと良くならないと思っているので、肩こり、

腰痛と言ったら一切、揉まないでも痛みを取る、

みたいなことをしています。

ちょっと話がズレちゃいましたが・・・しかし鮎川さん、

そこまで鳥肉が嫌いなのに、どうして、

このお店(焼き鳥屋)で“いいよ”って言ったのですか?

【鮎川】時ちゃんに、鳥肉はダメって言ったのだけど(笑)、

この店には鳥じゃないものもあるから、大丈夫です、って

時ちゃんが言うもんだから(笑)

【山本】ほんとになぜか大丈夫だと思ったのですよ(笑)

【橋本】鳥肉は食べれないと言ったのに、大丈夫ですと(笑)。

さすが、時嗣さんの天然力(笑)。生来変わらないはずの

苦手なものを聞いて、あえて「それは大丈夫です」と、

他人の時嗣さんが言っちゃうという・・・(笑)

【鮎川】でも、ほんとに食べられたから、凄いですね。

【橋本】ホント、これは凄いですよ。

【鮎川】面白い実験が出来たね。

【山本】そうですよね。

【鮎川】さすが、名プロデューサー!

【橋本】本当ですね、さすが名プロデューサー!

この企画のために凄いことをオーダーする(笑)

【山本】天然ですから(笑)。

【橋本】鮎川さんは、お酒はどうなのですか?

【鮎川】弱いです。

【橋本】そしたら、じつは今日は、

この店に食べられるものが1つもなかったということですね(笑)

【鮎川】いえいえ、今も全然、食べているから(笑)

しかも、全部食べちゃうから、から揚げまでも(笑)

【一同】大爆笑

つづきは鼎談その6をお楽しみに〜